撃ち落とされたエイズの巨星

HIV/AIDS撲滅をめざしたユップ・ランゲ博士の闘い

シーマ・ヤスミン/著,鴨志田 恵/翻訳

撃ち落とされたエイズの巨星

内容紹介

その男,3790万人の希望。HIV対策に生涯を捧げ悲劇で幕を閉じたある医師の物語

「墜落したマレーシア機にエイズ研究者が多数搭乗」
マレーシア航空MH17便とともに大地に散ったのはエイズ対策の最前線をひた走る「希望」だった。
未知の病状への対処、同性愛者への偏見、活動家の暗躍、アフリカの貧困
エイズという病気そのものだけでなく、その周辺で山積みの課題に苦悶し、それでも行動し続けたユップ・ランゲ博士の突然絶たれた生涯を追う。
ユップはその最前線で何を診て、何を考え、どんな行動をしてきたのか。日本ではいまだ知られざる生涯を、ユップによって医学の道に導かれた弟子が、入念な取材と生き生きとした筆致で描く。

ユップ・ランゲ博士

ユップ・ランゲ(Joseph Marie Albert Lange) [1954.9.25-2014.7.17]

医師、HIV研究者。蔓延の最初期からエイズ治療・対策にとりくむ。オランダのみならずアフリカ、アジアにて活躍し、特に母子感染予防の貢献は特筆される。ファームアクセス財団の初代理事長、国際エイズ学会会長、AIGHDの科学責任者を歴任。2014年7月17日、かつて会長を務めた国際エイズ学会に向かうため搭乗していたマレーシア航空17便がウクライナ上空で撃墜され、帰らぬ人となった。

序文

2014年夏のマレーシア航空MH17便撃墜の悲劇は、298名の男性、女性、子どもたちの命を奪い、遺族ははかり知れない喪失感に包まれました。また、世界のエイズ関係者も大きな衝撃を受けました。HIV/エイズと闘ってきた6名が、オーストラリアのメルボルンで開催される国際エイズ会議に向かう途中に命を奪われたからです。そのなかに、私の友人でもあり、エイズとの闘いにその一生を捧げたユップ・ランゲ博士と、パートナーのジャクリン・ファン・トンヘレンが含まれていました・・・

続きはnoteにて公開中!

この本が生まれたいきさつ

ユップ・ランゲと初めて会ったのは、私が17歳で理想に燃えていたときだった。彼は背が高く、見るからに立派な人という感じだった。ロンドンのある会議場で、ノートを手に演台から離れ、白髪まじりの短い髪をさっとなでた彼は、ちょうどHIVについての講演を終えたところだった。
 ユップが所属する国際エイズ学会でコンサルタントとして働いていた母は、彼のいるほうに私をそっと押し出しながら言った。
「ほら、行きなさい。今なら話ができるわよ」
ただ、私は話をしてもらえるかどうか不安だった。・・・

続きはnoteにて全文公開中!

著者情報

シーマ・ヤスミン(Seema Yasmin)

イギリス生まれの女性医師、ジャーナリスト。
生化学をクイーン・メアリー大学で、医学をケンブリッジ大学で学び、ロンドンのホーマートン大学病院にてドクターとして勤める。2011年からは米国疾病管理予防センター(CDC)に通称「病気の探偵」として勤務。その後トロント大学でジャーナリズムを学び、『ダラス・モーニング・ニュース』の記者となる。
疫学をテキサス大学ダラス校で教えたり、スタンフォード大学のJohn S. Knightジャーナリズムフェローシップに選ばれ、その後同大学で教鞭をとるなど活躍の範囲は広い。本書は処女作となる。

目次

  • 序文ーメイベル・ファン・オラニエ妃
  • この本が生まれたいきさつ
  • 第一章 終焉
  • 第二章 ことのはじまり
  • 第三章 謎の感染症
  • 第四章 敵を知れ
  • 第五章 異色の官僚
  • 第六章 さまざまな臨床試験
  • 第七章 エイズ否認論の出現
  • 第八章 エイズ活動家たち
  • 第九章 お金と信念
  • 第一〇章 治癒にむけて
  • エピローグ
  • 謝辞

詳細情報

定価 本体 2,000円+税
判型 四六判
ページ数 271ページ
ISBN 978-4-7581-1210-9

ご購入はこちら

PEAK booksの書籍はこちらの全国の書店ならびに下記サイトからご購入できます

羊土社
三省堂書店
有隣堂
紀伊國屋書店
honto
Raktenブックス
セブンネット
amazon

電子版はこちら

kinoppy
amazon

お問い合わせ

PEAK booksの書籍についてのお問い合わせはこちらからお気軽にご連絡ください

※運営会社:株式会社 羊土社のお問い合わせページにリンクします